治療について
TOP > 治療について > インプラント

インプラント

インプラントが不安な方もご相談ください

進化するインプラント治療の現状

最近のインプラント治療の進化には目をみはるものがあり、きちんとした段取りさえ踏まえれば通常の歯科治療と同等の安全性、予知性の見込める治療方法になりつつあります。
インプラント治療は外科的な治療方法ですから、ほんのわずかな腫れや痛みがでる可能性はありますが、入院などの必要もなく食事や通常の日常生活には抜歯より楽だったという場合も少なくありません。
そのため、私が治療させていただいた患者様の中にはインプラント治療により多大な恩恵を受け、お口の中の審美的、機能的な回復を驚異的にとげている多くの患者様がいらっしゃいます。
もはやインプラントは、乳歯、永久歯に続く第三の歯、あるいは第二の永久歯といっても過言ではないでしょう。ただその反面、未だインプラント治療の恩恵にあずかっていない方も多くいらっしゃるのも事実です。「怖いかも?痛いかも?安全なの?どの先生に診てもらえばいいの?耐久性は?」など、不安な点や疑問な点はたくさんあるでしょう。
でもご安心ください。当医院には、最先端の治療技術と優秀なホスピタリティーあふれるスタッフが揃っていますし、なかなか不安がぬぐえない患者様におかれましては ご相談だけでも、あるいはセカンドオピニオンとしてだけでも 安心してご来院ください。

インプラントとは

インプラント治療とは、失った歯のかわりにチタンなどの人工歯根(インプラント体)を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯冠(上部構造)をかぶせる治療法です。
歯を1本失った場合から、すべての歯がない方まで、インプラント治療が可能です。義歯によくみられる不快感、違和感がほとんどなく まるで自分の歯のような噛み心地を感じられることから「第二の永久歯」とも「第三の歯」とも言われることもあります。

インプラントのメリット

・入れ歯のように金属のバネやピンク色の人工歯肉などを使用しないので異物感がありません。
・従来のブリッジ治療のように両サイドの健康な歯や不必要な歯を削る必要がありません。
・バネや留め金がない分、見た目は天然歯とかわらないほど審美面に優れています。
   

最新のインプラント技術

最先端の診断装置

東葛西歯科クリニックでは、CT撮影された患者様の画像をコンピュータ上で3D化(立体化)しています。従来のレントゲン写真に比べ、より正確に顎の骨の状態を知ることができ100分の1mmの精度でコンピュータによる解析・インプラント手術のシミュレーションが行えます。
ケースによっては当医院が提携しているベルギー(ヨーロッパ)のサージガイド製作会社にサージガイド(シュミレーションしたものを完全に再現、反映したガイド)を製作してもらったりしております。
これにより 手術時間の短縮化をはかり、術中の合併症を防ぐなど、術前のイメージ通り安全にインプラントの埋入が行えます。

GBR(骨再生誘導療法)

骨の幅や高さが少ない場合に骨を再生させる治療法で、骨面上に遮断膜を張って隙間を作り、できたスペースに骨組織を再生させます。以前はインプラントが不可能だった骨の高さや幅が足りない場合でも、GBRを併用してインプラント治療が可能となりました。

サイナスリフト・ソケットリフト

上顎には、鼻からつながって広がる空洞(上顎洞)があり、上の顎の骨がわずかしか存在せずインプラントを入れるスペースがない場合があります。当医院ではサイナスリフト、ソケットリフトという特別な方法を行い、十分な長さのインプラントの埋入が可能です。
これにより骨がないためインプラントができないといわれた方でもインプラント治療が可能になりました。

   

最新のインプラント技術で快適な生活を

当医院では、国内外を問わず学会や研修会に参加し常に世界最先端の治療技術を学んでいます。
これまで不可能といわれていた方へのインプラント治療を成功させたり、朝来院時には歯がなかった方を1日で噛めるようにしたりといった、最新の高度な技術を要する治療が可能となりました。
また、ケースによっては「即時埋入」「即時負荷」といったスピード技術を併用することにより、歯がない期間がない・その日のうちに少し噛める・動いていた義歯が動かなくなるなど驚異的な効果が見込めます。

義歯(入れ歯)でお困りの方へ

義歯が合わない、噛めない、カタカタする...などお困りの方も多いことでしょう。東葛西歯科クリニックの「デンチャーシステム」ならそんなお悩みも劇的に解決します。

【ワンデーデンチャーシステム】

朝、来院時には現在装着の義歯を持参していただき、インプラントを数本埋入し、その義歯を改良することにより、帰宅時には義歯がぴったりフィットし動かなくなります。当日の夕方からお食事をとることもできます。

治療中も普段通りの生活を送りたい方へ

(お仕事が休めない、趣味を休めない、普通に食事をしたい、周りの方にわからないように...など)

【暫間インプラントシステム】

基本的にインプラント手術を行うと6週間~3ヶ月ほど、そこに負荷をかけることができません。
ということは、仮歯もいれられない可能性がでてきます。その際に朗報なのがこの「暫間インプラントシステム」です。
このシステムは、本来インプラントを埋入する予定の場所から少し離した位置に、まさに暫間(仮の)インプラントを便宜的に埋入し、仮歯をささえる方法です。 
この方法ですとインプラント手術を行った当日でも仮歯が入ってますので、審美的にも機能的にも問題なく生活できます。

インプラント治療の流れ

患者様のケースによって治療方法や流れもさまざまです。ここでは一般的な治療の流れをご紹介いたしますが 場合によっては驚異的なスピードプランもあります。ぜひご相談ください。

 

問診・相談

患者様から過去~現在までのお話を聞いてインプラント治療について十分に説明を行います。それと合わせて患者様の健康状態、既往歴、家族歴、生活習慣(喫煙の有無など)の把握を行います。

局所的な検査

診断用の歯型、X線の撮影、CT撮影、歯周病の診査などを行います。  

診断・治療方針の決定

治療方針の説明を行います。必要に応じて虫歯、歯周病、矯正治療などを先に行うこともあります。

お口のクリーニング

よりよい口腔環境でインプラント手術に臨むため、可能な限りお口の中を綺麗にクリーニングさせていただきます。

インプラント埋入

数十分~数時間で終了します(本数による)。入院の必要はありません。

2次オペ

歯肉・骨とも問題がなければ約6週間で二次オペの必要はありません(一回法)。必要な場合は数週間~数ヶ月後にインプラントの頭だしの二次オペをしたり、歯肉への移植を行うこともあります(二回法)。

型どり・上部構造の作製

口の中の型を取り、インプラントにかぶせる人工歯冠を作製します。

上部構造の装着

約1~2週間後にインプラントに人工の歯を装着します。

メンテナンス

丁寧なブラッシングと、3ヶ月~6ヶ月ごとの定期検診が必要です。 経過が良好な場合は1年に一度の定期検診でも大丈夫です。

治療費の目安

※歯科医院により治療費の設定が異なったり、医院によっては何年保証といったものを謳っているところもあります。
単純に「治療費が安い」 「保証がある」 「なんとなく良さそうだ」などの理由で 歯科医院を選ばれるのも一つ。 実際に医院に相談に行かれ 先生の人柄に触れ信頼できると判断され歯科医院を選ばれるのも一つ。 またお知り合いの紹介の場合もあるでしょう。
患者様におかれましては 貴重なお時間、治療費をかけられるわけですから いろいろな事を総合して歯科医院、歯科医を選ばれることをお勧めいたしますし、高いなら高いなりに、安いなら安いなりに理由が存在すると思います。
東葛西歯科クリニックでは 患者様のご希望にあう 最良の材料、方法を提供しており、必ずや患者様のご希望に応えることができると自負しております。
以下は治療費の目安です。

 

■ インプラント埋入(1本) 約30万円
■ インプラント上部構造
   (1本)
約20万円
■ 二次オペ 約5万円~15万円
■ GBR(骨の再生療法) 約30万円
■ サイナスリフト(骨造成) 約30万円
(消毒、お薬、型取り、仮歯などは別途)